【格安SIM】LIBMO(リブモ)のプラン、気になる評判は?

リブモ格安SIM

格安SIM業者がたくさん増えました。

今回はLIBMO(リブモ)についてまとめていきます。

LIBMO(リブモ)のプラン

通信プランについて

データ通信のみ480円
データ通信+
SMS
620円
データ通信+
SMS+
音声通話
1,180円
データ通信+
SMS+
音声通話+
10分かけ放題
2,030円

データ容量について

ライトプラン
高速通信なし
0円
3GB400円
6GB1,000円
10GB1,800円
20GB3,500円
30GB5,400円

初期費用

事務手数料で3,000円必要です。

ユニバーサルサービス料

月2円かかります。

追加オプション

雑誌読み放題
タブホ
500円
LIBMOWi-Fiby
エコネクト
362円
データシェアオプション
SIM3枚まで
データ
120円
データ+SMS
240円
データ+SMS+音声通話
820円
端末保証500円
10分かけ放題850円
10分かけ放題+
3番号への電話無料
1,300円

複数の端末を安く扱える「データシェアオプション」は面白いと思います。

家族での通信費の節約になりますね。

「通信プラン」+「データ容量」+「初期費用」+「追加オプション」の金額がかかる費用になります。

端末の購入に関して

取り扱いの端末、「Android端末」は16,800円〜あります。

「iPhone」は中古にはなりますが、7,8,XRがあり43,200円〜です。

お得なキャンペーン

2020年2月10日現在のキャンペーンです。

見られている時には変わっている可能性がありますので、ご了承ください。

音声サポートプログラム

音声通話付きSIMの1年契約と考えて大丈夫です。
6ヶ月間 600円引き
※1年以内の解約で違約金9500円 ※端末を購入しない場合のみ

端末購入サポートプログラム

24ヶ月間 300円引き

Web申し込み

データ通信プランから 6ヶ月間 400円引き

最低金額で利用するには

手元に端末がある場合は

最初に事務手数料3,000円+データ通信のみ月々480円+高速通信なし+ユニバーサルサービス料月々2円

これでWi-Fiがない環境でもスマホを使うことが可能です。

実際はお得なキャンペーンがあるため、最初の6ヶ月間は82円で利用することも可能です。

時期によって異なると思うのですが、申し込みの際に案内されます。

\今すぐ携帯料金を下げたい方はこちら/

LIBMO(リブモ)の概要

使用回線

NTTドコモの回線を使用しています。

会社概要

一部上場企業「TOKAI」のグループ会社です。

バックボーンもしっかりしています。

LIBMO(リブモ)の評判は?

Twitterで見てみました。

1年近く遡ってみましたが、特に悪い評価見当たらなかったんですよね。

昼間はどの格安SIMもスピードは落ちるので、多少は仕方ないとは思います。

まとめ:LIBMO(リブモ)ならどのプランを選ぶ?

家にWi-Fi環境があるので、

僕が選ぶなら

データ容量6GB+データ通信+SMS+音声通話」のプランです。

出先でどうしても通信を行う必要はあるので、多めに6GBはキープ。

動画はWi-Fi環境でしか見ません。

音声通話は絶対必要なのでつけます。

このセットで月々2,182円(税抜)です。

今SoftBank使用で約6,000円です。

かなり効果は現れそうですね。

\今すぐ携帯料金を下げたい方はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました