陽性と診断されました。相談先や僕に起こった症状をまとめています。

生活

日々コロナの感染が拡大していますね。

そんな中私もついに・・・

コロナに感染し、PCR検査で陽性が出てしまいました。

僕の場合の症状などをまとめて書いておきますので、是非参考にしてみてください。

✅この記事でわかること
  • どういった症状が発生したのか?
  • どのような経過だったのか?
  • ぶっちゃけキツイ?
スポンサーリンク

コロナで発生した症状

僕が症状として現れたのは

  • 喉のイガイガ
  • 頭痛
  • 肩〜首〜背骨〜腰にかけての神経痛
  • 下痢
  • 発熱(とにかく安定しない)
  • 倦怠感
  • 鼻水
  • 目の奥の痛み、目の周辺が腫れぼったくなる

発症してかなり時間が出て出てきた症状

  • 味覚障害
  • 蕁麻疹

上記のような症状です。

話で聞いていた

「味覚がなくなる」

という症状はすぐには発生しませんでした。

とにかく僕が辛いのは

3つ目の神経痛です。

動く度に痛い。

発熱に関しては、朝は体温が下がり、夜になると急に上がる。

という状態を繰り返しています。

幅も広く、2℃近く差が開いてしまうことすらあります。

コロナはきつい?

コロナきついです。

千差万別で人によって症状は違うとは思いますが、

僕の場合動こうとすると関節に激痛が走るし、

熱が上がると呼吸が苦しくなります。

目の奥もずっと鈍痛があります。

何より、症状が出る前に接していた人たちに対しての罪悪感だったりどうしていいのか分からない不安感だったり・・・。

肉体面はもちろんのこと精神面がかなりきついです。

コロナが治ったと判断される基準

発症日から10日を経過、
かつ終わり3日以上発熱がない状態

この状態で治ったと判断されます。

治ったとされてからのPCR検査はありません。

コロナ陽性発覚までの流れ

時系列を含めて書いていきます。

2020年12月5日(土)

夜、突然眠れなくなる。

  • 嫁の実家に泊まりに行ったから?
  • ネズミ除けの高音が煩く感じたから?

普段は寝られないということが全く無いので不思議には感じたものの、

いつも使わないネズミ除けのせいかと思うことにしました。

今思うと体の違和感が酷く、同じ姿勢でいられないような感覚がありました。

2020年12月6日(日)

普通に仕事に行くも、

とにかく体調の悪さが目立ちました。

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 全身の倦怠感
  • 喉のイガイガ
  • 多少の咳

その時の症状は上記の通り。

こんな状態でしたが熱はありませんでした。

仕事から帰ると新たな症状が一つ追加されました。

肩〜背骨〜腰にかけての神経に激痛

寝返りだったり立ち上がろうとしたり、
体勢を変えようとする度に痛みます。

何の症状なのか全く不明ですが、とにかく痛い。

普通じゃ無いことを感じ始める。

2020年12月7日(月)

仕事が休みだったのでゆっくりしていたところ、

前日の症状が一向に改善されない。

それどころか体温を測ってみると

「38.3℃」

おわったぁ〜・・・

ということでかかりつけの病院へ。

病院もかなり守りに入っています。

ここの病院だと陽性がでてしまうと濃厚接触者となり営業ができなくなるので、

インフルエンザの検査もPCR検査も受けられないのだという。

ということで

  • 喉の様子を見る
  • 肺の音を聞く
  • 問診

そして熱さましの薬を処方されて終了。

目安として4日間熱が続くと疑った方が良いかも。
悪化する時は一気に悪化するからすぐ救急車を呼んで。

ということを教えていただきました。

この時はすぐ治るだろうと思ってました。

支払いは薬代含めて2500円程度。

2020年12月8日(火)

朝から熱が37.2〜37.8℃

どいういうことだ??

と思いながら職場に連絡し、念のために休暇をいただく。

今まで感じたことのない背骨や肩、首腰あたりの神経痛があるあたりやはりおかしい・・・。

下痢の様子もいつもと違う・・・

明日治ってなかったら別の病院行こう・・・

そう思いゆっくり休みました。

食欲はある。

味覚もある。

大丈夫大丈夫・・・。

しかし夜は熱が上がり38.3℃。

2020年12月9日(水)

熱は37.9℃

今日はPCR検査を受けようと決意。

しかしここで問題が。

PCR検査を受けようにも、どこの病院だと受けられるのかが全く分からない。

という問題である。

こういう時意外とグーグル先生でも見つかりません。

実際全然見つからず、ふらっとアフィリエイトサイトが上位に出てくるもんだからイラッとしたり・・・。

話はそれましたが、
こういう時は各都道府県の

「福祉保険局」を頼ればOKです。

僕は東京都在住なので、以下のサイトを利用しました。

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について 東京都福祉保健局

電話番号は
03–5320−4592

こちらに相談し、PCR検査を受けることができる病院を教えていただきました。

あらかじめ電話予約をし、事情を説明。

隔離した状態で検査します。ということでした。

何も問題ないむしろ喜んで!

病院に到着し、

  • インフルエンザの検査
  • PCR検査

の両方を行うことに。

インフルエンザの検査はいつもの鼻の奥に棒を突き刺すやつですね。

こちらは結果がすぐ出ます。

30分も掛からなかったのではないでしょうか?

肝心のPCR検査。

こちらは輸送の関係があり、中1日かかるとのこと。

つまり結果が出るのは11日(金)。

PCR検査なんですけど・・・

唾液をね、ふっとい鉛筆のような形の筒の中に入れていくんですよね。

で、先の尖っているところまで入れると約2mlだそうで。

そこに溜めていくのが辛かった〜_:(´ཀ`」 ∠):

道端に唾を吐くことなんてできないタイプの人間なので、唾液を出すという行為に凄い嫌悪感が。

なかなかの苦行でした。

いいい医療費とか凄そうですね

ネットでいい値段するってみましたよ?

肝心の医療費なのですが、

何と全ての検査で2500円程度。

こちらからの要望で受けたわけではなく医師判断でPCR検査を受けた場合は保険適応になるんですって。

その為費用が掛からなかったのですね。

その点も不安だったので福祉保健局の方に相談して聞いていました。

この日の夜に検温して最高体温38.9℃を記録。

正直熱が出て苦しいのか症状で苦しいのかよく分からないけどただただ辛い。

多少肺がシクシクするのを感じる。

しかしながら1時間して再び図ると

37.4℃だったりする。

体温計が悪いのか全く体温が安定していない。

2020年12月10日(木)

前日から症状変わらず。

相変わらず便通も悪い。

普段から下痢気味なのだが、普通の下痢とは違い、

普段以上に形になりきれていない感じがする。

色味も普段より黒みがかっている感じがする。

のんびり過ごしていると

病院から電話が。

「前日の段階で病院から連絡があった場合は陰性」

と聞いていた為安心して聞くと結果は陽性(ドウシテー)。

対応に関しては明日保健所から連絡がくるそうなので、それを聞いて対応してくださいとのことでした。

2020年12月11日(金)

症状は全くよくなりません。

この日から毎日保健所から経過観察の連絡がくるようになります。

聞かれたことは

  • 症状について
  • 家族構成
  • 濃厚接触した人、その構成
  • 感染してどのような行動をとっていたか

主だったことはこの辺りだったと思います。

特に、感染してからも妻の実家にいくことが多かった為、そちらの家族構成など結構細かく聞かれました。

その際、

  • 生年月日
  • 電話番号

なども聞かれるので、用意しておくと良いです。

家族もいるのでホテル療養になるかもしれない、

ということでその連絡は明日以降に。

2020年12月12日(土)

この日も症状はよくならず。

熱は高くて39℃を超えることも。

ご飯も無理やり食べている感じで、かなりキツかった。

保健所からの連絡で、ホテル療養の対象、
ということが告げられました。

正直ゆっくりお風呂に浸かったりしたかったので嬉しかった。

ご飯もでるようなので少し楽しみになったが、

熱が下がらなかったのでしばらくはホテル療養不可とのこと。

2020年12月13日(日)

依然、熱は下がらず。

状態も一向によくならず。

熱も下がらないのでホテルにもいけず。

割と絶望。

2020年12月14日(月)

前日と同様。

保健所に全く良くならないことを相談すると

「パルスオキシメーター」を送ってくれることに。

指先を突っ込んで、血中の酸素濃度を測る機械なのだが・・・

こんなん分かったってどうしようもなくね・・・?

と思ったのが本心。

低かったら何かしてくれるんかな?

と思うくらいには腐ってました。

2020年12月15日(火)

パルスオキシメーターが家に届く。

感染予防のため、届けにきた人が家の前に置いて連絡。

というスタイルをとっていた。

しかしながら家の前に置いているのでとりに行かなくてはいけない。

回収を確認するまで帰れない、ということだった。

重い体を何とか持ち上げ取りに行く。

計測結果は96〜97。

やはり必要性は感じない。

2020年12月16日(水)

発症して10日。

やっと熱が下がる。

しかしながらショックな出来事が。

ホテル療養は無くなったとのこと。

理由はいまいちよく分からない。

10日を経過したからみたいな言い方に感じた。

正直納得はいっていない。

この日から蕁麻疹が足と体に出始める。

味覚障害もあり、

僕の場合は甘み、塩辛さを強めに感じ、

他の味覚はほぼ感じないというものだった。

2020年12月17〜19日(木〜土)

咳だけが治らない毎日。

保健所からも咳が治るまでは仕事も外出も・・・

とのことなのでどうしようもない。

2020年12月20日(日)

保護観察期間10日を経過、

かつ最後の3日間熱が出なかったということで・・・

もう外に出て大丈夫という保健所からのお達しが。

全然咳は治っていません。

もう感染力もかなり弱回っているだろうという保健所の判断。

終わりに検査は行いません。

・・・これ最悪他の人感染するんじゃね?という不安に襲われる。

2020年12月21日(月)

パルスオキシメーター回収業者がパルスオキシメーターを回収して、これで終了です。

保健所からの連絡も終了です。

一応保健所から回復証明のようなものを発行してもらえます。

1週間程度かかるとのことなので、気長に待ちます。

これでコロナの闘病生活終了です。

咳は治っていません。

コロナに感染してのまとめ

コロナに感染してのまとめ

治療薬がないだけあって、長引いてしんどいです。

体感ではインフルエンザよりは楽なものの、

辛いことに変わりありません。

毎日コロナのニュースが流れていますが・・・

早く収束するとよいですね。

とてもしんどい病気です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました